マアジと青アジ(マルアジ)の違い

呼子・名護屋や松浦方面でアジングで釣れるアジ

karatsuriaji (1)

北部九州では”マアジ”と”青アジ”と2種類のアジがいますのでご紹介。

『マアジ』

“ヒラアジ”や”キアジ”・”キンアジ”など呼んだりしますが、俗にいう『地付きで移動しないアジ』となります。

遠い海や深い場所へ回遊をしなくても、餌が豊富な一定の地域で移動しながら成長し

プランクトンとは別に、小エビやカニなども主として食すために、脂肪分も多くふっくらとした体型になり

体全体に表面の体色が黄褐色となっているのが特徴です。

このマアジ達は、各地でブランドアジとして、高価なアジで有名

特に松浦市のマアジは”旬あじ(ときあじ)”と呼ばれ高級アジとして市場へ流通してますので

アジングで狙うアジはこのマアジが人気あります。

マアジにも2種類

・居付き型のマアジ = マアジ、キアジ、キンアジなど

・回遊性のマアジ = クロアジ、セグロなど

※キアジもクロアジ(セグロ)も生物学上は同じマアジで、その生活スタイルによって体型とか色が違うので、「どちらもショウリキがない」というマアジの特徴を持っている。  by TKTG

『青アジ』

この”青アジ”は沖合を群れで回遊するアジとなり、”マルアジ”・“クロアジ”や”セグロ”と呼ばれたりしてます。

外観上マアジに比べて体高も低く、細長く感じますし、背中のあたりの色合いも青く見えます。

回遊性のアジは餌を求めて、沖合を広く回遊してますので、海上のの強い紫外線を避けるために背中が青く(黒く)なってます。

体表の色合いだけではなく、『青アジ』を捌いた時に背中の身付近が黒くなっているのも特徴です。

他にも回遊性のアジが成長し水深100メートル以上の深場まで生息域を伸ばすようになります。

スポンサーリンク

『マアジ』と『青アジ』の区別の仕方

釣りあげた時に、「ん?痩せている?細長い?」と感じたら尾のくびれあたりに注目しましょう。

karatsuriaji (2)

簡単に区別できる方法として小離鰭(しょうりき)が『ある』『ない』で判断可能です。

この小離鰭が『ない』のはマアジで、『ある』のは青アジです。

karatsuriaji (3)

karatsuriaji (4)

他にもセイゴの形などでも判別できます。

【追記】青アジの写真を投稿で頂きましたので掲載します。(ヒロさん)

aji0630 (2)

aji0630 (1)

この2枚目の写真の尾のくびれをよく見ると小離鰭(しょうりき)があるのが良くわかると思います。

aji0630 (5)

この丸い赤線で囲んだ尾のくびれに上下に三角のヒレがあると思いますが、コレが小離鰭(しょうりき)

コレがあると青アジという訳です。

呼子は1年を通してでアジングが楽しめる地域

北部九州沿岸ではアジは1年中獲れるお魚ですので、もっとも脂がのるのは産卵期である5~8月が旬と言われてます。

生まれたばかりの稚魚は沿岸域で過ごし、その後、沖合域まで広く回遊するようになり

1年で約18センチ、2年で23センチ、3年で28センチほど成長し

4年を超えると30センチ(尺アジ)を超えるサイズになります。

30センチを超えるアジは、地磯や沖波戸、離島などでも狙えますが

大型のアジで40センチを超えるアジをアジングで狙うには、なかなか難しいです。

大型の回遊が多い離島でも、回遊ルートの調査から、マズメ時のフィールドコンディションなど

色んな条件が整わないと”ギガアジ”や”テラアジ”に出会う事は難しいと言われてます。

この記事が良かったら
いいね!

Twitter で

スポンサーリンク