ランガンシステムVS-7055のインプレとカスタム

ライトゲームに欠かせないタックルボックスの紹介

スポンサーリンク

メイホウ(meiho) のランガンシステム VS-7055

★ランガンシステム VS-7055+BM-230Nロッドスタンド 2本組セット★ ブラック/ブラックレッド

今、一番売れているタックルボックスではないでしょうか?

そんな一番売れているVS7055のサイズを今回はご紹介します。

小物入れスペース

まずは一番上の蓋を開けたら、小物入れスペースが登場します。

ココには仕切りを使って小物を中心に入れることが出来ますので

特によく使うハサミやリーダー、そしてワームなどを置くスペースとして

利用できます。

実際に小物を入れてみました。

ワームやプラグ、そしてシンカーやリーダーなど

使う頻度が高い小物を一番取りやすい場所へ収納します。

メインの収納スペース

メインの蓋を開けると収納する物によって何段階で間仕切りができるようになってます。

内側の寸法を測ってみます。

まずは底の横幅は約22cm

底の高さは約16cm

高さは約15cm

メーカーのHPより

ランガンシステム VS-7055

サイズ:313×233×222mm
素材:耐衝撃性コーポリマー
備考:可変式仕切板:上段4枚、下段1枚付属、滑り止めラバーグリップ付属
ワームプルーフHG
JANコード4963189・612517

陸っぱりバサー必見、機動力抜群の“ランガン システムBOX”。
持ち運びやすいサイズ感、それに加えて計算しつくされた収納スペース。
さらに、上段がトレースタンドに早変わりするなど、バスフィッシングのみならず、エリアでも重宝すること間違いなし!

参照:明邦化学工業

HPには下段の内寸が掲載されてありますので実物と比較すると若干の違いはありますが

これは寸法を測った場所が違う事で若干の違いが発生したと思われます。

このメインの収納庫に実際にどれだけの荷物が入るのか?

ちょっと試しに入れてみました。

下段(メインの収納庫)の容量は?

入れた道具はライトゲームでよく使う道具ばかりです。

左側に小物ケース(メイホウ)を8個

右側にはワームやヘッドライトやグローブ

全部出してみるとこんな感じです。

上段と下段の収納スペースに入れていた物全部です。

ハードルアーやジグケース、そしてキャロなど

餌木にワーム類にリーダーやハサミなど

ライトゲームに関する道具は一通り入る容量となってます。

VS7055のカスタム

なるべくコンパクトに持ち運びができるように

ロッドスタンドとサイドポケットはセットで購入したほうが良さそうです。

リグを交換するときや、移動するときには必ず必要になるロッドスタンド

そして、缶コーヒーやお茶、ごみ袋などを置けるサイドポケット

サイドポケットには、可変間仕切りが付いてますので、お好みのサイズで収納庫が作れます。

広い漁港や離島遠征、それか沖波止への釣行

または、管理釣り場などでは、このタックルBOXを持っていけば

手軽に、釣りを楽しむことができます。

VS7070との比較

このシリーズでもうワンランク広いBOXがVS7070です。

メイホウ – ランガンシステムVS7070
 ★ランガンシステム VS-7070+ロッドスタンド BM-250 Light 2本組セット★ ブラック/クリアブラック×ブラックメイホウ(MEIHO) ランガンシステム今回は非常に便利なタックルボックスをご紹介”陸っぱり”でも”オフショア

VS7070とVS7055は中に入る容量がずいぶん違いますので、収納する物の量にて

どちらを購入するか検討したほうが良さそうです。

ライトゲームとエギングどちらも楽しみたい方は大きいサイズのランガンBOX

ライトゲームオンリーでメバルやアジなどを追いかけたい方は小さい方

手軽に沢山の道具を持ち運びたい方には必然のアイテムです。

この記事が良かったら
いいね!

Twitter で

スポンサーリンク