トップガイドの修理や簡単なガイド交換の方法

トップガイドの修理や簡単なガイド交換の方法です。

スポンサーリンク

トップガイドの取り外し方

トップガイドはロッドのガイドの中で

一番穂先側にある非常に需要なガイドとなってます。

そのガイドが破損した時

踏んでガイドが変形した。
ガイドのリングが無くなった。

そのようなケース、自分でガイド交換をしてみてはいかがでしょうか?

下の写真はガイドのリングが無くなったケースです。

このトップガイドを修理していきたいと思います。

トップガイドを取り外す

まずは壊れて破損したトップガイドを取り外したいと思います。

通常、販売してあるロッドのトップガイドは

スレッドが巻いてコーティングしてありますので

そのスレッドをカッターで削っていきます。

上の写真の白いコーティングされている部分を取り除きます。

①ドライヤーで温める

スレッドコーティングは非常に硬く硬化してますので

削りやすくするためにドライヤーなどで少し温めてやると

簡単に剥がすことが出来ます。

※高温になり過ぎるとブランクス・カーボンが痛みますので注意

②カッターで削っていきます。

削るのはどこからでもOKですが、ブランクを傷付けないように

手前からゆっくりと作業を進めていきましょう。

このような状態になればOKです。

③トップガイドを引き抜く

次に破損したトップガイドを取り外します。

トップガイドはティップカーボンとガイドの足を強力に接着してあります。

無理に引き抜こうとすると、ティップが痛みますので

まずは、トップガイドを温めて

接着剤を溶かして引き抜きましょう。

まずはアルコールランプを使って、トップガイドを熱します。

トップガイドを熱した後は

素早くトップガイドを引き抜いてください。

すると、簡単に取り外すことが出来ます。

注意しなければならないのは、ティップを熱してしまわないようにすることです。

非常に繊細で細く出来ているティップは

ちょっとの熱でも変形?もしくは弱くなってしまいます。

ティップ(穂先)に火があたらないようにしてください。

ガイドを注文

次に釣具店やネットショップで

トップガイドを注文して、取り付けを行います。

トップガイドにも色んな沢山の種類があります。

ガイドそのものの形が違ったり

リングの大きさや材質(チタンやステンレス)

そしてリングの違い(SICやトルザイト)などもありますので

破損したトップガイドと同じ種類を探して注文しましょう。

トップガイドは他のガイドと違ってパイプに差し込むタイプになります。

穂先の径とパイプの径が合うように注文しないと

パイプに入らない可能性もあります。

もし、パイプに入らない場合どうするか?

そんな時でもカーボンを削ると入りますのでご安心ください。

トップガイドの接着剤

どの接着剤を使えば?

特に指定はありませんが2液性を使った方が強度は高くなります。

応急処置用のホットグルー(熱で溶かして接着するタイプ)でも接着する事が出来ますが

強度や耐久性を考えると2液性がベストだと思います。

しっかりと2液を掻き混ぜて

トップガイドのパイプの中と

ティップ(穂先)にも塗り込んで接着します。

他のガイドとトップガイドが一直線になる位置で固定します。

今回はティップの径とトップガイドのパイプ径にちょっと遊びが大きいので

PEラインでかさ上げしております。

トップガイドのスレッドは?

本来ならトップガイドを接着後にスレッドを巻いてコーティングを行いますが

この作業は、スレッド(糸)やコーティング剤(2液性)も必要になりますし

コーティング剤が均等に硬化するように

フィッシングモーターも購入する必要性がでてきます。

ただ、このトップガイドのスレッドやコーティングは省略しても

接着が上手くいけば省略することができます。

ただ、ティップ(穂先)とパイプとの径の違いで

段差が発生しますが、この段差もトップガイドを取り付ける際に

2液性エポキシ接着剤で段差を埋める作業を行っておきましょう

矢印の部分です。

段差があると、ラインが絡む可能性が高くなります。

この段差を無くすために、スレッドコーティングを行う訳ですが

この段差は接着剤等でも解消出来ますので

トップガイドの取付時に一緒に矢印の部分に余った接着剤を塗っておきましょう。

そうすれば、段差もなくなるし接着強度も高くなる!

しかもスレッド巻きやコーティングなどの面倒な作業の省略にもなります。

接着後は静かな場所で接着剤が硬化するまで触らずに保管し

しっかりと固まったら修理完成となります。

最後に

トップガイドが無くなった。
トップガイドの下で折れた。
トップガイドを交換する。

そんな場合、釣具店やメーカーに修理依頼する事も出来ますが

非常に簡単な作業ですので自分で修理など行うのも

釣りの楽しみとなりますので、是非挑戦してみてください。

この記事が良かったら
いいね!

Twitter で