エメラルダス(ストイスト)インターライン76Mのスペック

スポンサーリンク

ストイストのインターラインモデル

「ダイワテクノロジーの最先端がストイストには全部、入っとるからね」

「大昔のを僕も使ってみたけど、こんなん誰が買うねん!って。だけど少なくとも今のインターラインは、あのボロボロだった時代から、ようここまで作りこんだなって感心してしまうような出来。実際、僕も使ってるし。風のあるときなんて、めっちゃトラブルレスやから、思う存分、フルキャストできる。実際、エギングにどっぷりハマってる連中のなかには、インターラインなしではおられへんヤツもおるわけやからね」

引用:DAIWA

ストイストAGS インターライン 76M

エギングロッドと言えば8フィートから9フィート台がメインとなっていますが

ここ数年、餌木を遠くに飛ばす技術が向上したおかげで

ショートロッドに注目が集まるようになってきました。

『ショートロッドを一度使うと、あの重たいロングロッドは使えない』
『軽い!だるくない!』
『ロングロッドと変わらない飛距離!』

そんな中で注目されているのがダイワのストイストの76Mシリーズ

陸っぱりでもボートでも扱いやすく

オークションサイトでも高値で取引されています。

  • 全長(m):2.29
  • 仕舞寸法(cm):119
  • 継数(本):2
  • 標準自重(g):104
  • 先内径/先径(mm):1.3/1.9(2.0) / 元径(mm):9.4
  • エギサイズ(号):2.5-4.0
  • 適合ライン(号):0.4-1.0
  • カーボン含有率(%):94
  • 本体価格(円):61,500円

76M

3.5号を中心にいろいろと使えるショートロッド。バックがそそり立ってる磯とか堤防によく行く人やったら、そこでためらいなく振り切れるのはショートロッドやって、よう知ってるんちゃいます?

山田ヒロヒト

インターラインを使用するメリットは?

エギングロッドでのメリットを考えると

ライントラブルの少なさ
経験上、このメリットが大きいですね。

アウトガイドに比べて、ライントラブルが少ないって事なんですが

決してアウトガイドがライントラブルが多い訳ではありません。

通常、アウトガイドを使用していても全くトラブルはありませんが

ただ、風が強いシチュエーションではラインコントロールする上で

ガイドが邪魔になり、トラブルが発生しやすくなります。

その点アウトガイドの場合は、ラインがロッドに巻き付いていても

ラインが絡むこともなく、スルスルとラインはほどけていきます。

ナイトエギングや、風が強い日で活躍できるのが

インターラインの強さではないでしょうか。

アウトガイドより感度が良い

このメリットについては、私自身あまり感じた事はあまりありません。

感度と言っても

① 状況を把握できる感度

② アタリを素早く察知できる感度

と大きく分けることが出来ますが、アウトガイドとインターラインでの

違いは、ちょっと難しいかもしれません。

ラインとの接する範囲が、インターラインの方が大きい為に

このような感度の違いは言われてますね。

インターラインのデメリット

準備に特別な道具が必要
片付けが面倒
メンテナンスが必要

インターラインロッドの構造上

内部にラインを通すために、ワイヤーを使用します。

それと内部にも海水が入り込むために

釣行後には、必ず内部に残っている海水を出す作業

そして、撥水加工の維持など

アウトガイドに比べて、非常に面倒である。

コレが一番のネックとなるでしょう。

ストイストが売れる理由

エメラルダスシリーズの最高峰ロッドであるストイスト

DAIWA社の技術はもちろん素晴らしいものばかりで

手に取った瞬間、惚れこむロッドです。

何よりも一番素晴らしいのは装飾・飾り・カラーなど

とにかく、カッコいい仕上がりになってます。

特にリールシート周辺のスリムなグリップにカーボンキャップ

EVAの硬い調子も良く、ロッドを持つと

非常に高い高揚感を得られるロッドとなります。

この記事が良かったら
いいね!

Twitter で
関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする