(シマノ)ストラディックCI4+(アジング)

この夏、一番の目玉商品になることが間違いないリールが

そろそろ釣具屋さんの店頭に並ぶ頃だと思います。

40037_logo1

product1_s

シマノ(SHIMANO) 16 ストラディックCI4+ C2000S

NEWマグナムライトローター搭載。別次元の巻き出しの軽さ!

新開発「NEWマグナムライトローター」を搭載することにより大幅な軽量化、巻き出しの軽さを可能にしました。ボディ素材、ローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、体感的な重さを軽減するGフリーボディなどを装備することで優れたクイックレスポンスを実現します。
精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」などの高耐久性能も充実。幅広い釣りに対応するマルチユースなクイックレスポンスモデルです。

15年に発売されたストラディックですが、今年の夏にクイックレスポンスシリーズとして

ストラディックCi4+が発売されました。

HAGANEギアや最新装備はフル搭載のままで、ボディ、ローターは軽量カーボン素材(Ci4+)へ

なにが変わったのか?と言うと、一番の変化は”軽さ”ではないでしょうか。

まずは『自重の軽さ』

15ストラディックと16ストラディックCI4+では、約20%以上の軽量化となってます。

20%と以上となると同じ機種系列とは思えないほどの変化です(^^;)

コレはボディが金属素材から軽量カーボン素材への変化と、従来のCI4+ローターより

形状の変化(薄肉化)によって軽量化が進んだみたいです。

そして『回転の軽さ』

シマノのリールと言えば巻き初めの感触は『ヌメー』とした感じですが

このストラディックCi4+は16ヴァンキッシュと同じクイックレスポンスシリーズとなりますので

巻き初めの軽さはビックリ(^^;)

感触としては『ヌメーーー』から『スーーーー』って感じになります。

スポンサーリンク

シマノの最新技術を集めた16ストラディックCi4+

ボディの剛性がちょっと心配ですが、アジングには最適だと思います。

アジにそこまで剛性は求めなくていいし(^^;)

巻きの軽さや自重の軽さによって、ロッドとの一体感が強くなり

ラインの変化や、ティップから伝わるジグの動きなど、リールの軽量化により

海の中の情報は増えると思います。

是非、これからアジングを始めようと思っている方は

この16ストラディックCi4+も検討されてみてはいかがでしょうか?

お勧めは自重160グラムのC2000Sです(^_-)-☆

この記事が良かったら
いいね!

Twitter で

スポンサーリンク