レブロスMX2004のオーバーホール

レブロス(ダイワ)のご紹介(DAIWAのHPより)

revros_topimage

優れた回転性能と軽さでジャンルを問わず快適に使える小型汎用スピニングリール

軽く、惰性の少ない高レスポンスの回転で「巻き感度」の良さが高い評価を得ている軽量・高強度エアローターを採用。高い防水性能をもたらすカプセルボディ構造、高精度マシンカットによるデジギヤII、安定した滑らかな効きのトーナメントドラグ、遠投性能に優れたABS(アンチバックラッシュシステム)II、バックラッシュを防ぐクロスラップ、リールの逆回転を防ぐリアルインフィニットストッパーなど、小型汎用スピニングリールに求められる基本性能の高さにこだわった機能充実の一台。淡水ではバスやトラウト、海では堤防や磯でのエサ釣りからルアーフィッシングまで幅広く活躍する。

かなりのコストパフォーマンスを持ったダイワのリールです。

私はライトゲームのPEライン専用機としてこの前のモデルを所有

2004のサイズにPEライン06号を巻いています。

※今のモデルだと2004H-DH(定価8,700円)

アジングやメバリング、そして秋から始まる秋のアオリイカ

真冬のライトエギングなどに大活躍しているリールです。

スポンサーリンク

レブロスMXをオーバーホールしてみる。

購入したままの状態で使用していると

故障が多くなりますので定期的にオーバーホールをやってます。

REVROS MX 2004oh (1)

※ドラググリスはシマノのグリスを使用します。

スプールのお手入れ

REVROS MX 2004oh (2)

キレイにスプール内を洗浄して

ドラグデスクW(ワッシャー)を洗浄

よく乾かしてタップリとドラググリスを付けて

REVROS MX 2004oh (6)

もとに戻せばスプールとドラグのメンテは終わりです。

このドラグデスクWは、初期の状態ではすぐにグリスが切れて

乾いている状態になります。

そうなるとドラグの出方が非常に悪くなり

スムーズなやり取りができませんので

一度チェックしてみてください。

ラインローラー

ラインローラーにはボールベアリングは入ってませんので

古いグリスや汚れなどをキレイにふき取っておわりです。

REVROS MX 2004oh (4)

REVROS MX 2004oh (3)

私はラインローラーをパーツクリーナーの液に付け込んで洗浄しました。

レブロスのギアの洗浄

ここから内部をバラしていきますが

釣行後に手入れをしていたので思ったほど汚れてはいません(^^;)

REVROS MX 2004oh (8)

ここからは写真多め言葉少なめで行きます。

REVROS MX 2004oh (7)

ここは汚れたグリスがたくさん溜まってました。

順番にビスを外して、ギアまで取って一気に

REVROS MX 2004oh (9)

パーツクリーナーで汚れを落としながら乾かしてます。

REVROS MX 2004oh (10)

このようにトレーに並べておくと、再度組む時に間違わずに済みます(^^;)

REVROS MX 2004oh (11)

ボディもキレイに掃除していきます。

あとはバラした順番とは逆に組んで

ギアにはダイワのメンテナンスグリス104を使用

20151203172001062

多すぎず少なすぎずの量を丁寧に塗っていく

REVROS MX 2004oh (12)

一気に仕上げて

REVROS MX 2004oh (13)

メインシャフトには高性能なオイルを入れて終了です。

このダイワのレブロス

これから『釣りでも始めよう』って方には絶対おすすめのリールです。

(ここでOHしているのは旧レブロスMX2004)

レブロスMXラインローラーにボールベアリング改造
ダイワ汎用リールであるレブロスシリーズこのエントリーモデルのレブロスMXのラインローラーを改造してボールベアリング化です。ラインローラー部と言えば、海水で濡れたラインを巻き取るためにラインローラー周辺は常に濡れている状態が多く、内部にも海水
レブロスMXのカスタマイズ(改造)のご紹介
ダイワのエントリーモデルのレブロスシリーズ前回はこのレブロスMX2004のラインローラー部にベアリングを追加しましたが①今回はローターナット部へのベアリング追加②キャスト時のベール回転防止のためのベールブレーキパッドの取り付けこの2点を行っ

この記事が良かったら
いいね!

Twitter で

スポンサーリンク