11ツインパワーC2000Sのメンテナンス(分解そして洗浄)

スポンサーリンク

11ツインパワーC2000S

高性能とコストパフォーマンスを誇るフラッグシップの正統なる後継者。 
NEWツインパワーは全機種に、10ステラ搭載の革新的ギアシステム「X-SHIP」を採用。驚きの回転の軽さ、高感度、ハイパワーを実現しました。幅広い釣種に対応すべくハイギアモデル(C2000HGS、C3000HG、4000XG)も充実。力強くスピーディーな攻略が可能です。AR-Cスプール、リジッドサポートドラグなど各スペックもハイレベル。極めて高い実釣性能を誇る駆動体、フルラインナップで登場です。

ギア比:5.0:1
実用ドラグ力:2.0kg/19.6N
最大ドラグ力:3kg/29.4N
自重:200g
スプール寸法:径42mm/ストローク:12mm
ナイロン糸巻量(lb-m):3-125/4-100/5-75
フロロ糸巻量(lb-m):3-110/4-85/5-65
PE糸巻量(号-m):0.6-150/0.8-110/1-80
最大巻上長:66cm(ハンドル1回転あたり)
ベアリング数(S A-RB/ローラー):9/1
海水OK
シャワー洗浄OK
パワーAL(ボディ素材)
AR-Cスプール
超々ジュラルミン冷間鍛造(CF)ドライブギア
S A-RB
ボルトレスデザイン
S A-RB内蔵のSRパワーローラー
フローティングシャフト
ウォータープルーフドラグ
リジッドサポートドラグ
サイドホールドマシンカットネジ込み式ハンドル
ストレスフリーベールシステム
イージーメンテナンスシステム(ボディ/ラインローラー)
スーパーストッパーII

11年に発売されたツインパワー

シマノの小型スピニングリールの中では

フラッグシップであるステラのひとつ下のモデルとなってます。

10ステラの正統なシステムを取り入れて発売された11ツインパワー

クイックレスポンスシリーズの巻の軽さとは別のシリーズであり

慣性を使った滑らかな回転フィーリングが特徴となってます。

メンテナンス(分解して洗浄)

今回はオーバーホール作業に伴う内部の洗浄

そして、フルベアリングカスタムまで進めていきたいと思います。

AR-Cスプールのお手入れ

左下の部品

コレはドラグ座金です。

フェスト生地でドラグシステムでは重要な役割となってます。

このフェルト生地にドラググリスを染み込ませて機能する部品ですが

数年ノンメンテで使用すると、ドリスが固くなり

ドラグの動きが悪くなります。

部品自体は100円ですので、定期的にメンテナンスを行う事を

お勧めします。

ラインローラーのメンテナンス

ラインローラーやベール部分は常に稼働する箇所であり

外部の影響を受けやすいところです。

しっかりと釣行後はオイルやグリスを注して

メンテナンスが必要になってます。

11ツインパワーのラインローラーのパーツ一覧です。

1BB仕様のラインローラーとなってますので

ステラ同様の2BB仕様にカスタムすることもできます。

ベール部分も同様にしっかりと古いグリスをふき取って

洗浄後に新しいグリスを塗っていきます。

内部のオーバーホール

ここからスピニングリールの内部分解となります。

展開図を確認しながら、部品を順番道理に並べ

細かいワッシャー等があれば、作業を止めて写真撮影

ひとつひとつ丁寧に分解を進めていきます。

古くなったグリスは、ボディの内側に張り付いて固くなってます。

キレイに拭き取って、洗浄していきます。

ボールベアリングもゴリ感がないか?確認していきます。

ボールベアリングの不具合などは滑らかな回転にすぐに影響しますので

常にチェックしながら進めていきましょ。

11ツインパの分解洗浄後

洗浄後は、キレイにパーツを並べ乾燥

今回のオーバーホールは、摩耗しているメインギアの交換

そして、ボールベアリングもチェックし、不具合があれば

交換して組み上げていきます。

それと、ラインローラーの2BB化カスタム

ほかにも、カラーをベアリングに交換し

シマノのフラッグシップモデル同様の仕様に持って行きます。

この記事が良かったら
いいね!

Twitter で