17イージスのフルベアリングカスタム

スポンサーリンク

17イージスのフルベアリングカスタム

バス釣り専用スピニングリールとして登場してるイージス

今回は前回紹介した17イージス2003Fのフルベアリングカスタムを

進めていきたいと思います。

17イージスのスペック紹介
DAIWAスピニングリールのイージス釣種(バス釣り)専用スピニングリールとして発売中17イージスのベースとなった機種は17セオリーですが基本的な構造やシステム、スペックなどはほぼ同じとなってます。17セオリーと17イージスの異なるポイントは

HEDGEHOG STUDIO

17イージス 2003F,2003F-H,2505F,2505F-H用 MAX12BB フルベアリングチューニングキット


トーナメント ドラグベアリングチューン

スプール受けにある黒いカラーをボールベアリングに交換します。

このスプールを受けるスプールシャフトにベアリングを追加することによって

ドラグが作動する時に起こるスプールのブレを軽減し

上位機種と同じ様にドラグ性能を上げることが出来るチューニングです。

安定したスプールの動きをサポートしてくれます。

中央の黒いプラスチックの部品(カラー)をボールベアリングに交換します。

交換するには、この黒いカラーの上にある小さい五角形のバネを外してください。

バネを外すと、簡単にこの黒いカラーは取り外しができますが

この小さいバネを外す際に、無くすケースもありますので

慎重に手を添えながら外してください。

黒いカラー(プラスチック)が外れますので

この黒いカラーをボールベアリングと交換です。

ここで使用するボールベアリングの種類は

品番:1170(オープンタイプ)

サイズ:内径7mm×外径11mm×厚さ2.5mm

NMB(ミネベア)型番:DDL-1170

HEDGEHOG STUDIO(ヘッジホッグスタジオ)だと HRCB-1170Hi を注文します。

あとは、外した部品を順番通りに戻せばカスタム終了です。

フィネススプールドラグベアリングチューン

スプール内のプラスチックカラーをベアリングに交換する作業になります。

ドラグを締めた状態でも、ベアリングの効果により

スプールの回転をスムーズに動かすことができることで

途中でドラグが食いつくことなく、スムーズな動きができます。

ドラグノブを外し、スプール内のフェルト等を取ると見えてくる白いプラスチック

この白いカラーをベアリングに交換する作業です。

交換するベアリングの種類とサイズは

品番:1170(オープンタイプ)

サイズ:内径7mm×外径11mm×厚さ2.5mm

NMB(ミネベア)型番:DDL-1170

HEDGEHOG STUDIO(ヘッジホッグスタジオ)だと HRCB-1170Hi を注文します。

このベアリングは先ほど行ったスプール受けに取り付けた

ボールベアリングと同じサイズとなってます。

注意するのは、ボールベアリングの取付時

個体差がありますが、簡単にスポッと入る時もあれば

キチキチで入らない時もありますので、そんな時は焦らずに

ボールベアリングを平たい面で押し当てながらゆっくりと水平にして

押し込んでいけば、傷もつかずに入っていきます。

あとは、フェルトを戻せばカスタム完了です。

ラインローラーに1個追加して2BB化

17イージスのラインローラーには最初から1個のベアリングが内蔵されてます。

今回はさらにもう1個ボールベアリングを追加して2BB化していきます。

これまでのベアリングカスタムは、カラー(プラスチック)を

ボールベアリングに交換するだけでしたが

今回行うラインローラー部へのベアリングを追加するには

ボールベアリングだけではなく、他にも部品が必要ですので

事前に釣具店などからシマノへ備品の注文をしておきましょう。

まずは、ラインローラー周辺をバラしていきます。

必要な工具は2.5mmの六角ドライバー1本必要となってます。

上の写真が標準の1BB時の部品一覧です。

左側から2個の部品を取り外して、ここに新たに購入した部品を入れ替えていきます。

赤で囲んだ部品と青で囲んだ部品を交換します。

青で囲んだ部品は今回、2BB化をするために注文した部品です。

青で囲んだ部品は左から

・No.38 ローラーカラー(A)・・・純正部品200円

・No.41 ローラーカラー(B)・・・純正部品200円

・ボールベアリング・・・純正又(1,000円)は社外品

・No.39 ローラーパッキン・・・純正部品300円

純正部品3個とベアリング1個を注文します。

ここで使用するボールベアリングの種類は

品番:740(オープン)

サイズ:内径4mm×外径7mm×厚さ2mm

NMB(ミネベア)型番:DDL-740

※HEDGEHOG STUDIO(ヘッジホッグスタジオ)だとHRCB-740Hi を注文します。

部品が揃ったら下記の写真のように組み上げて行けば完成です。

ハンドルノブにベアリング追加

ドライバーひとつで簡単にベアリングを追加する事ができます。

純正ではこのハンドルノブにはボールベアリングは内蔵されておりません。

この上の写真の黒いカラーをボールベアリングに交換すれば2BB化できます。

使用するボールベアリングの種類は

品番:740ZZ(シールドタイプ)

サイズ:内径4mm×外径7mm×厚さ2.5mm

NMB(ミネベア)型番:DDL-740ZZ

HEDGEHOG STUDIO(ヘッジホッグスタジオ)だとHRCB-740ZHi を注文します。

ハンドルノブのガタがある時は、ワッシャーで調整してください。

最後に

17イージスはノーマルの状態では7BB仕様となってますが

今回5個のボールベアリングを追加する事が出来ました。

カスタム後の17イージスのベアリング総数は12個となり

ハイエンドモデル同様のボールベアリングとなりました。

ただ、今回も多少なりとも専用の工具やグリス、知識等も必要になりますので

十分に検討してカスタムをお願いします。

説明書付きで、簡単にフルベア化が出来るヘッジホッグスタジオにて

チューニングキットが発売されてます。

HEDGEHOG STUDIO

17イージス 2003F,2003F-H,2505F,2505F-H用 MAX12BB フルベアリングチューニングキット


この記事が良かったら
いいね!

Twitter で