16ストラディックCi4+のフルベアリングカスタム

前回はスプール受けとハンドルノブに

ボールベアリングを追加してカスタムしました。

16ストラディックCi4+のベアリングカスタム
前回ご紹介したシマノの16ストラディックCi4+今回はこの16ストラディックCi4+C2000Sのベアリングカスタムを進めていきたいと思います。参考にするのはリールベアリング専門店のヘッジホッグスタジオ16ストラディックCI4+用フルベアリ

今回はボディ内部にボールベアリングを2個追加する方法です。

スポンサーリンク

ストラディックのフルベアカスタム

今回はボディ内部に2個のボールベアリングを入れていきます。

ただ、ボディ内部、ギア周辺を取り外しますので

十分に注意しながらの作業になります。

特に気を付けたいのが工具

今回使うトルクスドライバーのT6とT8もそうですが

通常使うプラスドライバーやマイナスドライバーも

サイズ毎に数本準備してください。

これはネジのサイズに合わせてプラスドライバーや

マイナスドライバーを使わないと

ネジの頭に傷がつき、しっかりとした締め具合等の調整が難しくなります。

もしネジの頭に傷がついたならそのリールはジャンク品となり

評価も凄く下がります。

しっかりと工具を揃えてからの作業をおこなってください。

メインシャフトのウォームシャフトピンカラー

メインシャフトのピンが稼働している部分にあるカラーをボールベアリングに交換します。

中央の部品の中にカラーが入っていますので

この部分もバラしていきます。

中央にあるプラスチックが部品No.75のウォームシャフトピンカラーです。

この部品No.75のウォームシャフトピンカラーをボールベアリングに交換します。

ここで交換するボールベアリングの種類は

品番:520ZZ(シールドタイプ)

サイズ:内径2mm×外径5mm×厚さ2.5mm

NMB(ミネベア)型番:DDL-520ZZW52

HEDGEHOG STUDIO(ヘッジホッグスタジオ)だと SHG-520ZZ を注文します。

プラスチックのカラーとボールベアリングを交換すれば終了です。

ウォームシャフト受け部分

次にボールベアリングを追加できるポイントはココ

ちょうどボディのお尻の部分です。

この中央の白いプラスチックカラーをベアリングに交換するだけの作業になります。

交換するボールベアリングの種類は

品番:630ZZ(シールドタイプ)

サイズ:内径3mm×外径6mm×厚さ2.5mm

NMB(ミネベア)型番:DDL-630ZZ

HEDGEHOG STUDIO(ヘッジホッグスタジオ)だと HRCB-630ZHi を注文。

プラスチックのカラーとボールベアリングを交換すれば終了です。

最後に

今回行った16ストラディックCi4+のノーマル状態での

BB(ボールベアリング)の数は6個ですが、

・ハンドルノブ

・スプール受け

・ウォームシャフトピン受け

・ウォームシャフト受け部

と4か所追加しましたので、カスタム後は10BB(ボールベアリング)仕様となりました。

カスタムショップのヘッジホッグスタジオで

フルベア説明書付きのボールベアリングが発売さてます。

16ストラディックCI4+用フルベアリングの方法

この記事が良かったら
いいね!

Twitter で