16ストラディックCi4+のベアリングカスタム

前回ご紹介したシマノの16ストラディックCi4+

16ストラディックCI4+C2000Sの軽さと巻き心地について
シマノ社から2016年に発売されたストラディックci4+前年に発売された15ストラディックのボディ素材は金属系でしがたがこの16ストラディックは軽量カーボン素材であるCI4+が採用され『巻出しの軽さ・優れたリーリング感度』を特徴とする、クイ

今回はこの16ストラディックCi4+C2000Sのベアリングカスタムを

進めていきたいと思います。

参考にするのはリールベアリング専門店のヘッジホッグスタジオ

16ストラディックCI4+用フルベアリングの方法 をご覧ください。

スポンサーリンク

16ストラディックCi4+のスペック

16ストラディックCi4+C2000S

◆ギア比:5.0

◆実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.0/3.0

◆自重(g):160

◆スプール寸法(径mm/ストロークmm) : 42/12

◆PE糸巻量(号-m) : 0.6-150、0.8-110、1-80

◆ナイロン糸巻量(lb-m) : 0.6-150、0.8-110、1-80

◆フロロ糸巻量(lb-m) : 3-110、4-85、5-65

◆最大巻上長(cm/ハンドル1回転) : 66

◆ハンドル長(mm) : 40

◆ベアリング数S A-RB/ローラー : 6/1

◆本体価格 : 30,000円(税別)

トーナメント ドラグベアリングチューン

毎回お馴染みのスプール受けにある白いカラーをボールベアリングに交換します。

(※下位機種になると、このカスタムは出来ません)

スプールを受けるスプールシャフトにベアリングを追加することによって

ドラグが作動する時に起こるスプールのブレを軽減し

上位機種と同じ様にドラグ性能を上げることが出来るチューニングです。

中央の白いプラスチックが見えてますが、このプラスチックの部品を

ボールベアリングに交換

交換する際には六角棒レンチの0.89mmを使います。

ワッシャーを外していくと見えてくるのが

下の写真の中央にある小さいネジ(イモネジ)

このネジ(イモネジ)を上記のは六角棒レンチの0.89mmで外します。

そうすると、白いカラー(プラスチックが)が外れますので

この白いカラーをボールベアリングと交換です。

ここで使用するボールベアリングの種類は

品番:1170ZZ(シールドタイプ)

サイズ:内径7mm×外径11mm×厚さ3mm

NMB(ミネベア)型番:DDL-1170ZZ

HEDGEHOG STUDIO(ヘッジホッグスタジオ)だとHRCB-1170ZHi を注文します。

あとは、外した部品を順番通りに戻せばカスタム終了です。

スプール内へのベアリングの追加は?

残念ながらこの16ストラディックCi4+C2000Sのスプール内には

ボールベアリングが追加出来ないタイプとなってます。

この16ストラディックCi4+C2000Sのスプール内にはベアリングは入っていません。

スプール内へベアリング追加をする事でスプールの回転を良くして

ドラグシステムの向上につなげる事が出来ませんので

ドラググリスのこまめなチェックを行い

滑らかなラインの滑り出しを目指した方が良さそうです。

ハンドルノブにベアリング追加

ドライバーひとつで簡単にベアリングを追加する事ができます。

使用するボールベアリングの種類は

品番:740ZZ(シールドタイプ)

サイズ:内径4mm×外径7mm×厚さ2.5mm

NMB(ミネベア)型番:DDL-740ZZ

HEDGEHOG STUDIO(ヘッジホッグスタジオ)だとHRCB-740ZHi を注文します。

ハンドルノブのガタがある時は、ワッシャーで調整してください。

ラインローラーの2BB化

16ストラディックCi4+C2000Sへのベアリングカスタムを紹介しましたが

この他にもラインローラーのカスタムもあります。

ただ、最近のシマノのスピニングモデルのラインローラーは

ラインローラー一体型の1BB仕様が主流となってます。

ラインローラーを2BB化するカスタムもありますが

メンテナンス等を考えれば、そのまま使用して

異常が発生するば、純正のラインローラーを購入した方が良さそうです。

 

【シマノ純正】16ストラディックCI4+・17コンプレックスCI4+・17セフィアCI4+用 純正ラインローラー ※メンテナンス用品


最後に

ノーマル6BB仕様が今回のベアリングカスタムで8BB仕様になりましたが

この他にもあと2個のボールベアリングを追加する事が出来ます。

ただ、その追加できる2個のボールベアリングはボディ内部へのカスタムとなりますので

多少なりとも専用の工具やグリス、知識等も必要になりますし

メーカーのメンテナンス等が受けれない可能性もありますので

十分に検討してカスタムをお願いします。

この記事が良かったら
いいね!

Twitter で