17セオリーと15イグジストの外観

店頭に並んだ17セオリーを見て、ビックリした方も多いのではないでしょうか?

よく見ると違いは違いがよくわかりますが

普段見慣れない方が見ると、どっちが15イグジストでどっちが17セオリーか

すぐには判断できないと思います。

それと実際にハンドルを回した感触

これも非常に17セオリーの完成度も高く、滑らかで軽い回転性となってました。

コレは15イグジストでも採用されているザイオン(ZAION)製のボディ・ローターにより

DAIWAならではの軽い回転が可能となったみたいです。

17セオリーはクラスを超えた軽さ。多機能搭載ハイバリューモデル

マグシールド、ZAION製超軽量エアローター(3500・4000サイズはDS5製)、ATDなど最先端のダイワテクノロジーを盛り込んだモデル。新型コンパクトボディ+ZAIONローターが実現した185g(2506/2506H)。アングラーのベストパフォーマンスを引き出す。

引用:DAIWA HP

このモデルがバリューモデルとなると、今後の下位機種の性能の底上げが気になってきます。

スポンサーリンク

17セオリーのスペック

この17セオリーはカルディアより上でDAIWAのスピニングリールの中堅機種の代表格であるルビアスより

下の立ち位置となってます。

性能的にはルビアスより上ではないのか?と言う話も聞きますが

・ルビアスは国内生産品のリール

・17セオリーは国外生産品のリール

この違いは大きいのではないでしょうか?

やぱり『メイド イン ジャパン』の製品は安心して使えるリールである事は間違いありませんので

15ルビアスの人気は落ちることもなさそうです。

今後この17セオリーがシマノの機種(ストラディックシリーズやソアレシリーズ)への対抗馬として

どの程度、シェアを広げるか楽しみです。

■マグシールド
ボディとローターの隙間に磁性を持つオイルの壁を作ることで海水や埃などの侵入をシャットアウトするダイワ独自の防水構造。ボディとローターが無接点だから軽く滑らかな回転はそのままに、初期の回転性能を長期間維持する。回転異音の原因の多くが、塩ガミ・異物の侵入。過って水に落としてしまうケース等を除き、マグシールド化されたリールの回転異音発生率は大幅に低下している。しかもこの比率は時間が経てば経つほどより大きな差としてデータに現れつつある。これは長く使用すればするほどその効果がより発揮されるということ。つまりマグシールドの防塵・防水能力が非常に高いレベルにあることの証である。

 ■エアローター
ローター革命とも言うべき構造を持つエアローター。特異な形状の最適リム構造により負荷を分散させることで、従来と同等の強度で大幅な軽量化を実現。ローターバランスも向上し、レスポンスの良い回転をもたらす。

 ■ATD
魚の引きに滑らかに追従しながら効き続ける新世代のドラグシステム。従来よりも滑り出しがスムーズなためラインブレイクしにくく、魚に違和感を与えにくいため無駄に暴れさせることが少ない。また作動感に独特の粘りがあって低いドラグ設定値でも一気に走られることが減り、ファイト中のドラグ再調整の頻度が減ってファイトに集中できる。

 ■ZAION(ザイオン)ボディ・ローター(※3500・4000サイズを除く)
高密度にカーボン繊維が織り込まれたカーボン樹脂で、重量比強度でマグネシウムを上回るという、不可能を可能にした素材。高剛性かつ軽量、さらに金属と異なり腐食に強いという理想的な特性を活かしてリールの主要部品に採用されている。

他の性能はコチラ

■ DS5(ローター素材※3500・4000サイズのみ)
リール専用ファイバー強化特殊プラスチック。

■ アルミスプール
軽量かつ剛性に優れた金属スプール。

■ アルミマシンカットハンドル
高剛性マシンカットハンドル。

■ マシンカットデジギヤ
高精度マシンカット加工によるジュラルミン鍛造マシンカットデジギヤ。

■ リニアシャフト
メインシャフトとピニオンギヤを独立して支持する構造。

■ ABS II
大口径で巻き取り面を逆テーパーにすることで、スプール前方のラインが押し出されにくくなり、バックラッシュを始めとしたライントラブルが激減。大口径スプールは巻き取りスピードとドラグ性能の向上にも寄与。ABS IIはスプールリング形状を見直し、キャスト時の抵抗を軽減。より遠投性能が高まっている。

■ クロスラップ
巻き糸角度の大きい綾巻き方式を採用することで、スプール巻糸部へのラインの食い込みや糸のズレを防ぐためにクロスして巻き取る方式。

■ エアベール
糸をラインローラーまで流れるように送り出すことで糸絡みトラブルを激減させるベール形状。

■ ツイストバスターII
ラインローラーにテーパーをかけて糸を転がす構造。

■ ラインローラーBB(1BB)
ラインローラー部にボールベアリングを搭載。

■ ローターブレーキ
ベールオープン時にローターの回転にブレーキをかけることにより、不意のベール返りを防止する機構。 

■ リアルインフィニットストッパー
ボディ内部の特殊ワンウェイクラッチによりローター・ハンドルの逆転ガタを解消。 

■ シャワー洗浄可
流水による水洗いが可能。

イグジストとセオリーを比較してみました。
外観上よく似ていたんで写真撮らせて頂きました(^^;)パッと見ると、ほんとよく似ています(笑)価格は定価ベースで4万円以上違うんです。もちろん、外部や内部ギア等の素材やBBの仕様などの違いはありますが実際に両機種をクルクルと回しましたが・・

この記事が良かったら
いいね!

Twitter で

スポンサーリンク