エギングで使うミニギャフを自作してみる

近くの漁港や波止場から手軽に釣れて、食べて美味しいのはアオリイカ

そのアオリイカの数釣りが楽しめるシーズンがそろそろ始まります。

必要な道具も少なく、手軽に楽しめるために大人気となったエギングですが

イカを触ると手が臭くなる事や、ヌルヌルがダメって方も多いと思います。

こんな悩みありませんか?

『釣った後にクーラーボックスへアオリを入れる時に、餌木でやったり市販の烏賊フック使ったりしてたんですけど、餌木でやると手が墨で汚れたり、ラインが邪魔でロッドを倒したりする。』

『市販の小さいギャフ(烏賊フック)は道具箱やバックに入れていると、カンナがむき出しになっているんで危険!!』

『クーラーボックスに入れといてもいいけど、一緒に入れている烏賊が入ったビニール袋やお弁当、お菓子などを破いてしまう恐れがある。』

『手が臭くなると、ロッドのグリップや車のハンドルにも匂いが移りそうで・・・』

こんな悩み多いはず。

そこで、キャップ付きのハンドギャフを自作する方法をご紹介

完成形はコチラ

スポンサーリンク

エギングで使用する自作ミニギャフ

handgaff04

先のカンナには市販されているキャップが取り付け可能です。

handgaff03

サイズは短い方で15cm

handgaff01

このように道具箱へも簡単に収納可能で、カンナがむき出しになってないので安全

使用後はキャップをして、クーラーBOXへ入れとけば、片付けも楽です。

材料は

①釣具屋に売ってあるカンナ

②Φ3mmのソリッドカーボン15cm

③Φ12mm程度の木材10cm

④接着剤やスレッド、コーティング剤など

でとりあえずは完成します。

まずはカンナとソリッドカーボンを接着

handgaff08

接着した後にコレは補強のためスレッドでぐるぐるに巻いて固定

handgaff06

そのスレッドをコーティングした状況です。

次は柄の部分

ホームセンターにちょうど良い木材が売ってありますので

その木材を加工して、ソリッドカーボンが3センチ前後差し込みできるように

中心に穴をあけます。

handgaff10

木材の表面は紙やすりでキレイに磨いていきます。

handgaff11

あとは、接着剤をタップリつけて差し込みます。

木材とソリッドカーボンが一直線になるように、微調整をしながら

硬化するのを待ってください。

あとは、木材のコーティング

ニスを2度塗れば完成ですが、自分のネームを入れるために

コレはテプラを貼ってからコーティングを行ってます。

handgaff07

あとは、キャップを取り付ければ完成です。

バックの中にも入れて持ち運びできるし

クーラーボックスの中にも入れ込める便利グッズ

直接、烏賊を触らなくて済むので、ぜひこの機会に自作してみてはいかがでしょうか?

この記事が良かったら
いいね!

Twitter で

スポンサーリンク

関連コンテンツ

シェアする

フォローする