メイホウ – ランガンシステムVS7070

メイホウ(MEIHO) ランガンシステム

今回は非常に便利なタックルボックスをご紹介

”陸っぱり”でも”オフショア”でもライトゲームに役に立つランガンBOX

メイホウのVS7070です。

★ランガンシステム VS-7070+ロッドスタンド BM-250 Light 2本組セット★ ブラック/クリアブラック×ブラック

20140109 (2)

陸っぱりバサー必見、機動力抜群の“ランガン システムBOX”。
持ち運びやすいサイズ感、それに加えて計算しつくされた収納スペース。
さらに、上段がトレースタンドに早変わりするなど、バスフィッシングのみならず、エリアでも重宝すること間違いなし!

サイズ434×233×271mm

備考:可変式仕切板:上段6枚、下段2枚付属、滑り止めラバーグリップ付属

  • ランガンに最適なシステムボックス誕生!
  • 陸っぱりのランガンに最適なシステムボックス
  • エリアの管釣りシステムボックス
  • VS-3010サイズもしくはVS-3020サイズを下段に立てて4枚システム収納可能。
  • SFC-Lサイズ・VS-SFC7inchサイズ・VS-L430が上段にシステム収納可能。
  • ロッドスタンドBM-230・BM-350・パーツケースBM-100を多目的ホルダーに装着可能。
  • ハンドルを起こすことにより、上段に簡易ロックがかかる簡易ロックシステム装備。
  • 上段を開け、ハンドルを立てることにより、作業台として使用可能。
  • ランガンスタイルの陸っぱりバスフィッシングや管釣り・ボートフィッシングに最適なシステムボックス。

バスフィッシング、エリアに活躍と書いてありますが

私はエギングやアジング、そしてオフショアでのタイラバ、ティップランで使用してます。

スポンサーリンク

VS-7070の仕様(メイホウ)

1段目、ふたを開けると

20160506 (3)

メインの収納庫

20160506 (4)

※参考:底のサイズ、横幅33センチ・縦幅16センチ

中の仕切り板は2枚付いてますので、好きな位置で区切りを入れる事は出来ます。

私のエギングシーンでの使用例

20160506 (7)

陸っぱりで使用するエギを厳選して入れてます(^^;)

実際には波止や地磯に行く際には、この中から状況にあったエギを10本~15本ほど取り出して

エギバッグに入れてから行きますので、このBOXは車の中です。

釣りに出かけるとエギングだけではなく、アジングやメバリングなどもしたくなりますので

ワームやプラグ、そしてジグなども準備して忘れ物がないように詰め込んでます。

(エギング・アジング・メバリングの道具一式)

20160506 (9)

※BOXの中に入る高さは約20センチ

この中に入っていたのはこの道具たち

20160506 (10)

沢山ありますけど、ほとんど使わない道具ばかりです(^^;)

ちなみに一番上の段

20160506 (12)

そして最後にステッカーを張り張りしてカスタム

20160506 (1)

20160506 (2)

※このVS7070にロッドスタンドの取り付けも可能です。

メイホウ(MEIHO) ランガンシステム VS-7055

VS70556587

そして、VS7070より一回りコンパクトサイズになったのがVS-7055

ショップの店員さんに聞くと一番の売れ筋だそうです。

サイズを比べると・・・

  • VS-7070 434×233×271mm
  • VS-7055 313×233×222mm

このサイズだと手に持ってから漁港周辺をランガンできるサイズですのでアジングなんかでは非常に良いタックルボックスになりそうです。

VS7055の紹介ページ公開しました。

ランガンシステムVS-7055のインプレとカスタム
ライトゲームに欠かせないタックルボックスの紹介メイホウ(meiho) のランガンシステム VS-7055★ランガンシステム VS-7055+BM-230Nロッドスタンド 2本組セット★ ブラック/ブラックレッド今、一番売れているタックルボッ

持ち運びが便利なVS-7055

それとも沢山の道具が入るVS-7070

悩みますね(^^;)

この記事が良かったら
いいね!

Twitter で

スポンサーリンク